2018年3月13日火曜日

タイツアー解禁!



皆様お元気ですか?年始のご挨拶が遅れてすみません。本年もよろしくお願いいたします。早速ですが、今年に入り119日から1週間ほど以前からブログで紹介していたTAT(タイ国政府観光庁)のユタサック総裁からのオーダーで日本人旅行客のために作った”新しいタイへの観光ツアー“としてタイの東北地方を巡る食文化の旅に行ってきました。

日本人にとって海外旅行=ツアーで行く=安心というイメージがあると思いますが、逆の視点から見ると、自由がなく自分たちの動きができない欠点もあります。海外旅行も近年ではスタイルが変化しており、団体で行くツアーよりも個人で行きもっと深い部分の文化に触れる旅が増えてきている気がします。旅行に対する価値観の変化があり、自分で調べて楽しむ、実際に自分が求めているもの体感して楽しむなど“見る”より“感じる”旅行が人気になっているように感じます。そんな個人旅行のような穴場に自由に行ける旅を作るのが今回の僕の目標でした。今回の旅では東北地方のウドンターニーから南下し、コーンケーン、コラート、カオヤイなどを巡りましたが、個人で行くのには何が大変か?必要か?などを考えながら旅をしました。その結果、バンコクとは違い郊外なので、交通の便や英語が通じない、文化が日本と大いに異なるなどさまざまな発見がありました。

このような、ガイドブックに載っていないような旅の間、お客さんと一緒に考え振り返りをしながら、TATのユタサック総裁に伝えて、より多くの日本人にバンコクだけではないタイ王国を知っていただくのが僕の使命であると改めて感じ、今回は少し前進できた気がします。東京では味わえないような、そして大いに異なる場所で人々・文化・食と触れ合い、触る・嗅ぐ・食べる・見る・感じるをアナログな世界観で体験できる感覚がなんだか懐かしく、わくわくするような旅であると再認識できました。第二弾のツアーも企画をする予定です。皆様もご興味がありましたら是非いつもと一味違うツアーに参加してみてください。

最後に、この旅で廻った場所の紹介も含まれていて、マンゴツリーのレシピなども記載する予定の“マンゴツリーの本”が早ければ4月に発売する予定です。発売日が決まったら改めておしらせを致しますが、こちらも楽しみにしていただければ幸いです。 早く温かい春が来てほしい、今日この頃でした。 小島

SubjectTAT × Mangotree Japan Thailand (Esan) Tour

How are you? I hope everyone is well. Time flies so fast and I realized that it is already February 2018. From January 1, I had my tour supported by TAT and brought over 25 customers to Thailand. This time, we went to Esan area which is Northern East part of Thailand such as Udon Thani, Kornken, Korat, and more. We went to several local restaurants and enjoyed real Esan cuisine. I made this tour to show customers new idea of trip in Thailand.

For Japanese, a tour abroad is like safe and can visit main place with guide. On the other hand, it is already planned and not able to visit wherever the people want especially in the country side. Nowadays, I feel more people prefer to have a free choices for their trip, thought still need to be stick with other people (especially when they use transportation or visit the sightseeing spots.) If I can make a trip which people can see the deeper side of its country, culture, history and foods for individual traveler, it would be more enjoyable and interesting. 

Through this trip I learned lots of things. First of all different culture and foods, and secondly people in the rural area do not have lots of stressful things in their slow life. I live in Tokyo and busy every day, but I felt that I need to be calm down and have a relaxed moment to make a better life. I thought if I have some room in my mind, I can be more kind and nice to other people. I really recommend you to visit such a area where you can touch, smell, see, eat, and feel something directly.  I am now working on to make a second tour to Thailand (different area), so if you need some trip like this, please join us to discover new idea of your life.

BTW, I have also been working to make our company “Mangotree Japan’s” book. The places where I visited while the tour above is going to be shown in this book. I wish to start selling it in this spring. I will announce the date when it will be ready. Thank you for reading my message.  Kojima

(mango tree on the riverでユタサックさんとナタリーさんと)

(クッキングクラス@mango tree on the river)

(めずらしいトゥクトゥクで農園へ移動)

(日本では少ないパクチー畑の見学)

(去年の暮は緑だったマンゴも収穫時期になりました)

(広大なマンゴ畑にて、ツアーのお客様&関係者様と)

(タイには野生の犬がたくさんいます)

(コラートの友人のキッチンカーでクッキングクラス)

(レストランオーナーである友人が、小島ボードを作成・・少し照れました)

(キッチンカーの前で1枚!実は僕のマンゴツリー
(日本)でもキッチンカーで販売をしています。)


2017年12月21日木曜日

2017年も残りわずか・・・

お久しぶりです。寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

早速ですが来年、生まれて初めて本を出させていただくことになりました。
今までの経験を元にタイ王国に関して歴史や文化を少しずつ理解してきましたが、今回は「本当の意味」でのタイ王国の食材やタイ王国の(特に郊外の地方の)心優しい方の心を伝える本にしたいと思っています。1冊ではなかなか伝わらないかもしれませんが、タイ料理の奥深さを垣間見ていただけるようなものを、現代の日本のマンゴツリーの視点で紹介して、我々のテーマである「本物の追及」につなげていきたいです。

本は来年2月か3月の発売を目標にしており、今回はイサーン地方の料理を紹介するトラベルとレシピのブックで、出版社さんにお力添えいただき制作をしています。そのため2か月前の10月下旬に10日間ほどタイ王国・イサーン地方(東北エリア)へ取材に行ってきて、ゆっくりと20軒ほどのお店をまわりいろいろな人々や文化に触れることができました。その際に自分の中で感じたのが、バンコクではなく郊外にのんびりと暮らす方々だからこそ、本当に心が綺麗で優しく、平穏な事が幸せに感じるのではないかということでした。今までの僕は、平穏という日々に退屈さや物足りなさを感じていましたが、そうやって幸せに暮らす方々もいるのだなあと考えた時に、自分も引退後はそんな生活をすることが幸せに見える人になるために必要なことなのでは?!と考えさせられました。

いつか田舎暮らしをして、幸せに見える人間になりたいと感じた今日この頃です。
皆様、2017年も大変お世話になりました。
良いお年をお迎えください!

小島 由夫

Korat(パッタイならぬパットミーコラートのオーナーと娘さん)

At Phad me Korat, 80 years old chef cooks everyday.
(80代のママさんシェフが作る愛情がこもった一品)

Mango Farm in Udontani(ウドンタニのマンゴー農園)

Khon Kaen "Wanida" (ワニダのオーナーと息子さん)

Gai Yan” Grilled Chicken at Wanida(僕の大好物,
イサーン地方名物のガイヤーン"鶏のグリル"@ワニダ)

mango tree in BKK
(mango tree本店前でオーナーのピタヤと撮影クルー)

Silom "Choan sa bui"
(バンコクで良く立ち寄る和え麺のお店シーロムにある"チョアンサーブイ”)

How are you? I hope everyone is doing well.
First of all, there is a big new. I have been working on making my book. It will be in the book stores  (sorry but only in Japan) hopefully by the end of February. The book will be about “Introducing the foods and restaurants in Esan area of Thailand”. I have connected to the country of “Thailand” over 25 years and would like to show the spirit of Thai foods and Thai people. People in Esan area, country side but have lots of history and different cultures compared to city area, are very kind and have warm hearts (Of course people in Bangkok are nice, but in the different meaning though.) I would like to introduce readers that the deeper point of view and what we need to believe to serve real Thai foods in our restaurants.

For the shooting, I was in Thailand for about 2 weeks in last October. I started to travel from Bangkok to Udontani, and went through Khon Kaen, Korat, and Khaoyai. I visited about over 20 restaurants and food stands during my trip and found out different foods culture in each city. While my travelling, I was so relaxed with country side’s fresh air and such a nice people. I used believe that I could never live in the country side like Esan area because I want to have something new, like something to do but need to be different every day. However, when I spend the slow and relaxed moment in Esan area, I kind of loved the way people live their life. They looked really happy. That was what I discovered while this trip. When I finish my job in the future, I would like to be a person who can tell his happiness only by his out looking. Thank you for being good friends, family, and my business partner in 2017.
I wish you have happy holidays and great New Year!

Best regards,

Yoshi Kojima

2017年6月14日水曜日

ハノイで感じたこと

皆様お久しぶりです。先日、人生初のハノイ(ベトナム)に行ってきました。政治のハノイ、商業のホーチミンという言葉を聞いたことがありますが、ホーチミンに比べて昔の街並みやフランスの植民地だった時代の文化などが残っており素敵な町並みでした。大都会というより僕の大好きなアナログ感が漂っている反面田舎すぎない部分がちょうど良くのんびりとした旅となりました。

今回はハノイのコカレストランのオープニングに参加しましたが、パーティーも無事に終わり集まっていた世界中のコカレストランのオーナーやその家族、15名ほどで世界遺産のハロン湾に出かけました。12日で船に宿泊する旅・・・ハロン湾は聞いたことがありましたが、ハノイから車で4時間かかると聞きあまり観光が好きではない僕にとってはあまり惹かれない旅だなと感じていました。早朝にホテルを出発してボロボロのバスで日本のように舗装されてフラットな道ではないガタガタな道路を揺られながら、効きすぎるエアコンの冷たい風に耐えること4時間やっとの思いで目的地に到着。
着いてみると、一般的な港町の様子。何が起きるのだろう?と恐る恐るバスを降りると、港にはとても素敵な客船が待っていました。いざ船に乗り込み部屋のドアをあけると、クラシックでゴージャスな客室になっていました。シャワー・トイレ・ウォークインクローゼット・ベットルームがコンパクトにまとまっており、船の中なのにこんな素敵な空間があることにビックリしました。その後みんなで屋上のデッキに集合した際には20℃~24℃くらいの気温の中、心地よい風でまったり慌てずゆっくりなスピードで進む船に揺られ、360℃どこを見ても小さな島がたくさんあるハロン湾の眺めを堪能しました。(ハロン湾は隆起でできた1600もの岩の島々があると言われています。) TVも携帯電話もなし、まさに24時間のリゾート。久々の衝撃を受けました。芯からホッとしたスペシャルな旅に大満足。風も心地よい程度にしか無くのんびりとした船の旅は景色だけではなく時間を楽しむことができました。

もし皆様もベトナムに行く機会がありましたら、個人的にはホーチミンよりもハノイ&ハロン湾がおススメの場所です。ぜひコカレストラン ハノイ店にもお立ち寄りください。
(コカレストランハノイ店フェイスブックページ:https://m.facebook.com/cocahanoi/)

世界にはまだまだ知らない美しい街があるのだなと感じ、新しい場所に出かけて美味しいものを探す旅がしたくなった今日この頃でした。


Hello there. Today I am going to talk about my first trip to Hanoi (Vietnam.)
In last April, I went to Hanoi for the opening of Coca Restaurants Hanoi. The reception party was cool and went very well. City of Hanoi itself was very beautiful and could feel something that I miss from my childhood. Hanoi was once colonized by France, so I saw many influenced buildings and cultures in there. I really liked the circumstances of Hanoi (to be honest, I like Hanoi better than Ho chi min city because of its foods and cultures.)

The day after the opening reception, we, Coca Restaurants owner Mr Pitaya, his family, other business partners, and I, had gone to Ha Long Bay and spend one night on the cruse. When we were heading to the place, I was a little bored to be on the bus for 4 hours. It was too long and most of the streets were not in the good condition compared to Japanese infrastructures. However, right after getting into the cruise and opening the door of my room, I was so amazed to see the view of world heritage from the window and lost my words. It was just beautiful and calm, and I had never seen and be in such a circumstances before in my life. Other Coca owners and I was on the deck of the ship and I really enjoyed the nice weather and relaxing time in there. It was very interesting to see over 1600 small islands made by rocks on the ocean. No phone and no internet connection, and chilling with people who is like my family made me the precious moment.

If you have any plan to go to Vietnam, please do not miss to visit Ha Long Bay and Coca restaurants Hanoi.
(Coca Restaurant Hanoi Facebook pagehttps://m.facebook.com/cocahanoi/)

I felt that there are many beautiful and amazing places where I do not know yet. I now realized that I would like to visit such places and continue to find good foods.


Yoshi Kojima

(コカレストランのオーナー達と/With my Coca partners)

(本場のフォー、めちゃ美味しい!/ This was what I wanted) 

(ハロン湾で洞窟を散策/Nice View!!)

(なんとも言えない素敵な場所でした/ Just so beautiful)

2017年3月3日金曜日

Time flies!

皆さま、こんにちは。
2017年もあっという間に3月になってしまいました。ご挨拶が遅れて申し訳ございませんが、本年もよろしくお願いいたします。

さて、先日1月末にタイ観光大使の仕事の一環でバンコクとカオヤイに行ってきました。前々からお話しをしていますが、従来の観光ではなく「その次の観光」は何かと探しているところです。個人的に自ら勉強したこととして、ただ食べて美味しい、体験して楽しいではなく、見る、嗅ぐ、味わう、聞く、直接触れるという五感で感じるようなものが大切なのだなと感じました。

日本人が東南アジアの国であるタイ王国に魅力を感じているのは、非日常を感じられアナログ感のある文化のなかで食べる日本人に合った食べ物という点が1つのポイントであるのだと思います。タイ王国の歴史、文化、食を五感で味わいひとつひとつを紐解いていく楽しさがそこにあるのではないでしょうか。文化は目に見えるものではないので、現地に行き更に深い部分を感じるもの。それを体験してもらい新しい旅のスタイルを提案できるよう考えなければなりません。日本に来る沢山の外国人もこう言った意味で文化を知ろうしている方はまだまだ少ないですが、実はしてみたいと思っている方はたくさんいるはずです。この要素に沿って考えば、タイ王国での新しい旅も従来のお寺やお土産屋を周るのではなくどのようなものを海外の人に見せれば心から楽しめるのかを発想しやすくなります。しかし、旅行会社などに依頼した場合はどうしても規制がありコントロールし易い旅になってしまい、リピーターの方は冒険心や好奇心を特に持てないものになってしまう気がします。従来の旅のスタイルからどのように脱皮するのか、難しいところですね。

旅の最後に、友人の1人であるタイ国政府観光局のユタサック氏と会食をし色々な意見交換をしました。いよいよ、新しい「感じるツアー」の開催も間近に迫ってきています。是非、新しいタイ王国の旅を味わっていただける仕上がりになる予定ですので乞うご期待下さい。

2月の始めには金沢に行ってきました。僕の友人であり大好きなフランス料理を提供するフレンチマキノ(http://www.french-makino.jp/)はとてもオススメのレストランの1つです。何年か前から友人になりましたが、5テーブルしかなく、友人でも予約が困難です。数週間前から予約しないと出向けない特別なレストランです。オーナーシェフの牧野くんはまだ30代で若いですが、とても真面目で完璧なバランスの味の料理を食べさせてくれます。いつも違う料理を提供する精神にあっと驚かされます。

また、牧野くんのお知り合いでもあり、これまた僕が大好きな絶品のあんドーナツとスイーツを提供するパティスリーオフク(https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17008141/)にも行ってきました。こちらも金沢に行くたびに毎回寄りますが、上品な甘さのスイーツとブレない味にほっこりします。この2つのお店はもちろんですが、金沢の食文化はとてもクオリティーが高くびっくりすると同時に刺激になりますし見習いたいと思います。金沢にお立ち寄りの際は是非、フレンチマキノとパティスリーオフクに足を運んでみてください!

Hi everyone! Time had passed so fast since 2017 started. I hope everyone is doing well. In the last month, I was in Bangkok and Khao Yai as for my ambassador’s job. As you already know,I have been making a trip for bringing more of Japanese customers to Thailand. I think taking trip to other country can be enjoyed by seeing, smelling, tasting, hearing, and touching. You cannot truly enjoy the trip from just seeing or eating.

I think of the reason why Japanese people are interested in traveling Thailand is that, there is very analog culture and tasty foods which is somehow much with Japanese tongues. There is a way of enjoying Thailand's history, culture, and foods by your five senses.
I feel like the culture is not just seeing but it is feeling something deeply. I would like to make a trip which people can enjoy deeper side of traveling like I talk above. No more elephant ride and visiting temples. 

In the end of my business trip, I could had time to meet Governor Yuthasak from Tourism Authority of Thailand, and had some more conversation of making new trip and how to make it succeed. This trip will officially announced sometime soon. Please check it out once it confirmed.

In the begging of February, I was in Kanazawa with one of my business partners and also good friends, Eric and Emelda.
I had time to visit one of my favorite restaurants in Kanazawa, Makino. http://www.french-makino.jp/The chef is young, but having a passion to create delicious and amazing foods with using ingredients from all over Japan (he especially uses local ones). The restaurant is hard to make a reservation, so if you wish to go please make a phone call a month before your visiting day.

I also visited one of my favorite patisseries in Japan, OFUKU. (https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17008141/
My favorite is donuts with sweeten red bean paste (inside). The taste is not too sweet and having good balance of flavor when I put into my mouth. 

Kanazawa is one of my favorite places where I can be relaxed and meet high quality foods and great historical culture. If you get board to stay in Tokyo, please take 3 hours Shinkansen express and enjoy my favorite city and restaurants.


(カオヤイの農園にて/At the farm in Khao Yai)

(都会から離れのんびり/Escaping from the city)

(パートナーと金沢視察へGO!!/In front of Kanazawa station)

(マキノさんにて牧野君・エリック・エメルダ・秘書高杉と/With Eric, Emelda, Makino, and Coco)

(こちらが噂のOFUKUさんです!!/ Here I am at OFUKU!)

2016年12月27日火曜日

来年にむけて

皆様寒い年の瀬ですが、いかがお過ごしですか。前回のブログで仕事のペースを見直すと意気込みましたが、相変わらず世界を飛び回っています。

11月の終わりにバンコクのマンゴツリーで第3回目のクッキングコンテストが開催されました。日本からも2名のシェフが参加し、僕も審査員として現地に行ってきました。やはりタイ料理はタイ人の方が熟知しているせいか「今の時代と未来のタイ料理」をテーマに、もともと持ち合わせている文化をうまく混ぜながら伝統的なものを残ししつつモダンへと変えるクリエイティビティを持ち備えているなと実感しました。その点、日本人が「タイ人としての本当の心意気や食文化」を学ぶには時間がとても長い時間がかかるのかなと思い知らされました。タイ人から見たら今回日本人シェフが作った料理のコンセプトは伝わっていなかったのではという気がします。だからこそ、私たちにとって大切なのはクリエイティビティではなく、本物のタイ料理を知ること・追及すること。それがないのに中途半端なモダンさを取り入れた料理を提供してはいけないと改めて考えさせられるとても良い機会となりました。いかに勉強し、本物を伝える事が大切なのかを実感でき、来年の目標設定に活かしたいと思いました。

12月の上旬にはアメリカ・シカゴに行ってきました。タイから帰国し中1日での東西12時間のフライトは、さすがに60代の僕の身体に堪えます。気温も0℃前後ととても寒くてじめじめ、たまたま124日にはシカゴの初雪に居合わせ、冬に行くところじゃないなと感じました。現地ではアメリカ人パートナーのジムと、市場調査をしてきました。初シカゴでせっかくなのでシカゴピザを食べました。いつもアメリカに行くたびに「なんでこんなの食べるのかな?」と食に関して疑問に思うことがよくあります(※個人的な感想です)。 アメリカ人の食に対しての感覚は日本人とは違うなと改めてビックリしました。しかし、発想の転換をしてみると、日本の倍以上あるアメリカのマーケットで日本食文化が多くみられ、アメリカ人が日本食に対して抱く憧れを感じたと共に同時にビジネスチャンスがすごくあるなと感じました。焦らずゆっくり考えたいと思います。また、シカゴではNFLを初観戦してきました。テレビでよく見ているせいなのか、スタジアムが広すぎるせいか、自分がやったことがないせいか、雪がめちゃめちゃ降っていたせいか、思った以上に迫力はありませんでした。もちろん、実際に見ることができいい経験ができました!が、氷点下の中の観戦でしたので、数十年振りかにあんなに寒い思いをしたという印象の方が強く残りました。(寒)

最後に、今年は、身体の丈夫さだけが取り柄だった僕が顔面神経麻痺になり、とても驚きました。病気をしているという気持ちを持ち続けてしまうとどんどん歳をとってしますので、身体が少しでも健康にいられるように、来年は「身体の若さを取り戻す」1年にしたいと思います。身体あっての人生!運動も大切!皆様も良いお年をお過ごしください。今年も1年ありがとうございました。



(バンコクのクッキングコンテスト 審査員&シェフ/At the Cooking Contest)


(カブスに本拠地・リグレーフィールドにて/At the Chicago Cubs Wrigley Firld)


(極寒のNFL観戦/Go! Bears!)

(有名なシカゴピザのお店/with my business partner, Jim, at famous Pizza place)

(Chicagoの町並みは綺麗でした/Found little friend at the park) 


How have you been? It is getting very cold and how did you like the 2017? In the previous update, I mentioned about my facial paralysis and would like to slow down my job little by little. However, I kept my busy time from end of November to today traveling other countries. 

In the end of November, the cooking contest vol.3 was held in Bangkok. The theme of cooking was “stair fried noodle with creativity”. I was one of the judges and brought 2 of our Japanese chefs. Unfortunately, my chefs could not get into the first place, however, we learned many things. Those Thai chefs who were in the contest know the Thailand’s culture and foods, so they can combine the traditional and modern way of meals naturally. (On the other hand, of course our Japanese chefs could do it, if it was Japanese cuisine.) So, I really enjoyed seeing the new concept for Thai cuisine. However, as I saw our Japanese chefs did not have such a creativity which Thai chefs had, I thought it would be very important to learn and think about what the real Thai foods and cultures are, since we are not natives in Thailand. If I do not know the traditional and real Thai cuisine, it is worst thing to combine the new concept. It will make our customers confused if we serve such meals. Therefore, what most important to us to have is, not a lots of new concept or creativity, but to know the real and traditional Thai cuisine and its culture. I have done the business with Thai cuisine for over 30 years, and it was a good timing to re-think such points for myself and for my company. I will always keep it in my mind.

In the beginning of December, I was in Chicago visiting one of my partners, Jim. It was right after I came back from Bangkok, so the temperature was totally different and there were some jet rug. I gladly had experienced the first snow of 2016 in Chicago, however I realized that Chicago is not a place to visit in the winter time. I had researched the food market in there and got some new ideas. Since it was my first time to be in Chicago, Jim took me to the “Chicago Pizza” place to enjoy the real taste. It was tasty but huge, so I could eat only a piece. After I ate many kinds of foods in USA, I realized the differences; how people think about foods and culture between American and Japanese. To be honest, Japanese care more about what they eat in their daily lives than Americans do. On the other hand, the F&B market in USA is more than twice bigger than Japanese. So there is more of opportunities which I am able to think about new business. I was so surprised to see many Sushi places in Chicago though.
BTW, I went to see NFL league for the first time of my life (Chicago Bears). It was snowy and very cold, but I was very excited to watch it in the actual stadium. I used watch it on TV, so the atmosphere was totally different than what I was expected. Next time if I have an opportunity to be in the stadium, I wish there will be no snow and some sun shine.


Lastly, I was kind of shocked that I had facial paralysis in this year. I had never imagined having such a disease. If I think too much about paralysis, my body may feel the oldness, so I will keep the young-ness in my life by eating and exercising. The life is only one time, so I would love to enjoy my life! Thank you for all of support for me in 2017, I wish you have a wonderful holiday and happy new year!

2016年12月19日月曜日

最近の出来事

お久しぶりです。7月から顔面神経麻痺(左半分が動かない状態)になり早5ヶ月。疲労性の麻痺だそうで、ペースを落として仕事をしなくてはならない反面、9月からもせわしない毎日を過ごしておりました。

9月には、僕のタイ観光大使としてのプロジェクトのモニターツアーを実施してきました。http://www.mealworks.co.jp/news/171
以前、ブログでお伝えした“食”をテーマにしたツアーですが、観光大使として、本物のタイ文化、タイ料理を、タイを愛する日本の皆さんに案内し伝えることが僕の使命だと思っております。また、旅を通して、本物の文化に触れていただくことはもちろんですが、日本では忘れられてしまったゆっくりした時間の中で刺激的な(たくさんのハーブやスパイスを使った)タイ料理&アナログ感のある文化を伝えたいと考えています。この企画を通して、日本でのタイ料理の普及と僕のお店の味を伝えるシェフやスタッフたちも刺激を受け、目標をもち追及していけるのではないでしょうか。これはお客様にとってはもちろんですが、我々にとってもとても有意義な取り組みになっているので引き続き面白い企画を考えていきたいと思います。

10月には13日にSlappy Cakes大阪、27日にDANCING CRAB福岡が無事にオープンしました。

DANCING CRAB 福岡 (http://www.dancingcrab.jp/)
812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1-2-82 TEL:092-292-7715
スラッピーケークス大阪 (http://www.slappycakes.jp/)
530-8558 大阪府大阪市梅田3-1-3 ルクア イーレ5F  TEL:06-6151-1574

12日にはアメリカのSlappy Cakesのオーナーであるアシュレーが来日し、その他アジアのSlappy Cakesの店舗を周るためシンガポール、マレーシア、バンコク、フィリピンを約2週間かけて訪問してきました。10月は大阪・福岡のオープンもありほとんど東京におりませんでしたので、旅の途中の息抜きとして天草で大好きな釣りに行ってきました。前回の東京湾は0匹でしたのでリベンジ!!と思い気合いを入れて向かったせいか7匹も釣れ、気分転換ができました。天草に行った本来の目的である天草市と上天草市に義援金を届ける任務も無事に終わり、とても心地よい出張となりました。http://www.mealworks.co.jp/news/165

また、11月の初めには疲れたと言いつつも、またまた疲れるマラソンに参加してきました。今回は台湾の花蓮にある太魯閣渓谷を走るコースで、登り坂がきついと脅されていましたが、あまりの綺麗な景色に目を奪われ、あっという間に完走することができました(といっても走ったのはたったの5キロですが…。)マラソンのスタート前、通りにあったレストランに前に小太りの豚が2匹いたのでお店の人に何に使うのか尋ねると、「今夜の宴会のおかずだよ!!」と…。ちょっとどころかかなりびっくり。ただ、人に見せるようにお店の前に飾っているということは立派で美味しいということ、と自分の中で解釈しました。豚はどことなく悲しそうな顔をしていましたが、僕は豚肉が大好きです。ハオツーです(美味しいです)。食材への感謝の気持ち、改めて実感させられました。

11月もばたばたで過ぎ去ってしまいましたが12月もペースを落としつつ、ホッとする時間を見つけたいです。

(Slappy Cakes大阪オープニングにて本店オーナーのアシュレーと)

(DANCING CRAB福岡、オープンしました。本店オーナーのアンドリューとチームも来日)

(Slappy Cakesを巡る旅にてパートナー達と)

(天草市を訪問した際の1枚) 

(取ったどーーー!)

(Ready to run!)

(とても綺麗な渓谷の中、リフレッシュできました)

(今晩のおかずの豚)



Hi there! I had been very busy working as usual. In last July, I got facial paralysis for left side of my face. My doctor told me not working so hard, so I have been trying to have some rest.

In September, I had a monitoring tour as ambassador of Thai foods in Thailand, and we brought about 10 people with TAT and had a test experience of new style of tour; take Japanese to Thailand and tell them the real foods and cultures in that country. Through the trip, I also learned what we need to have for our restaurants in Japan and tell my chefs and staffs about it. Then our staffs are able to share the thought through serving and talking directly with our customers.

In October, we had successfully opened 2 new outlets. One is the Slappy cakes in Osaka on October 13th,and the other one is Dancing Crab in Fukuoka on October 27th. The owner of Slappy Cakes, Ashley came to Japan for the opening and we had visited other Slappy cakes outlets in Asia, such as Singapore, Malaysia, Thailand, and Philippines within 2 weeks in the middle of October.
Since I left Tokyo in the first week of October and I could not get back to my house until the beginning of November, I went to fishing while our team were on the business trip to Amakusa to have some rest while the trip, Kumamoto (located in Kyusyu area.) I got 7 fishes for myself and total 30 fishes for our team. It was very refreshing and fan that I could forget my busy days. We donated some money for city of Amakusa and Kami-Amakusa. We hope it will help some people who have been having hard time from the earthquake attack (occurred in Kumamoto in last April.)

In the beginning of November, I knew it was going to make me tired, but I run 5K in Taroko marathon in Taiwan. My friends told me that it going to be lots of going up to the hill point and it will make you exhaust before running, however the view of Taroko bally was very beautiful. I kept forgetting the hard part of marathon and completed the 5K with no problem. It was very fun and refreshing time for me.

I saw 2 pigs in the cage on the way to the start line of marathon, and asked the owner that what they are going to do with the pig. What he answered to me was he was going to eat these two for tonight's dinner. I was very surprised to hear the fact, but at the same time I thought about application for being foods for humans.
BTW, I love to eat pork though....

November passed very quickly, and December has come already. I would like to have some rest before the next year starts. The temperature in Japan is getting very cold, please take care of yourself.


Yoshio Kojima

2016年7月12日火曜日

ガパオコンテストと最近の楽しみ

皆様、いかがお過ごしですか?
4月に決算が終わり、思いの外、成績が良かったので一安心しています。お客様や会社のスタッフに対して感謝の気持ちでいっぱいです。会社がすごくいい形で追い風に乗り、良い方向に進んでいる今はチャンスが沢山あり大変ありがたいですが、それと同時に今までにないくらい多忙で、あっという間に時間が過ぎていってしまいます。過密スケジュールをこなしているとストレスを感じることも時折あるので、余裕がなくなり良いものができないのではないのか、と思う今日この頃です。

さて、先日617日にタイのコカ・マンゴツリーグループと組み、クッキングコンテスト(今回のお題はガパオライス)を開催し、副審査員長として参加してきました。このコンテストは第2回目の取り組みで、今回は僕の会社(日本側)から2名のシェフとタイ本国のシェフ4名の計6名で競い合いました。タイ本選の前に第3者の審査員を含めた国内予選を行い、日本人シェフたちが競い合い、本選に出場する優勝者・準優勝者を選出しました

ガパオはタイの中でも地方によって味が異なりますが、今回のコンテストではベーシックなものから次世代のモダンなものまで幅広い種類のガパオが調理されていました。方向性も様々で楽しめましたが、まだまだいろいろな発見がでてくるのではないかと今後の可能性も感じました。個人的には、屋台で食べるベーシックなガパオを残すべきだとも思いますが、何回か開催してうちに進化していくガパオを見るのも勉強になりとても興味深い経験ができました。

マンゴツリー スリウォン(タイ・マンゴツリー本店)のシェフが優勝し僕らのシェフにとっては残念な結果になりましたが、参加することに意味がある!といえるような、日本人シェフにとって貴重な体験になったのではないでしょうか。8月には今回のコンテストで優勝したガパオを1ヶ月間、日本でも販売しますので、ぜひお試しください。今年の9月にはクィッティオ(米麺)のクッキングコンテストが予定されており、日本からだけだはなく、フィリピン、マレーシアからもシェフが集まる予定です。その際もの本で予選会を開催する予定ですので、一審査員をやりたい方・興味がある方はホームページをご覧ください。

そんな忙しい合間をぬって、先週会社のスタッフと夜釣りに行ってきました。場所は東京湾、ターゲットはスズキ(鱸)。今年2度目の出航でした。運が悪いのか、風が強いのか、潮のせいなのか、僕を含む4人の誰もが釣れず悲しい結果に終わりました。ただ、日の入りより前に海に出て、船の上から夕陽を眺めた後、夜になるにつれて東京の夜景を楽しむことができ、とても優雅なひと時でした。1匹でも釣れれば最高の結果でしたが、今回は釣り竿が悪かったということにし、次回の楽しみにとっておきましょう。東京湾の釣りに詳しい方、是非アドバイスのご一報お待ちしています!

小島

ガパオコンテストにて/at the cooking contest

優勝作品/Winner's Gapao

いざ、出航!/Ready to catch fishes!

釣りをしながら癒されました/such a beautiful view from Tokyo bay



Cooking Contest in BKK and Fishing at Tokyo Bay

How are you doing? Hopefully everyone is doing well. From middle of June, Japan is in a rainy season, and the weather is not so good in these days, though the temperature is getting higher little by little. Good news that I would like to share is our business is doing very well, and I really appreciate the employees and customers for being part of our company. If the business is great, of course I become very busy and not enough time to take some rest. I believe that if someone feels lots of stress, the person cannot make a good thing. Therefore, I try to have a relaxed moment even though I am extremely busy.

In last week, I went to fishing with my staffs and had enjoyed refreshing and relaxing time. We tried to catch Japanese sea bass, but sadly no one caught it. Though it was not happy for getting nothing, I really enjoyed the night view of Tokyo (seen from Tokyo bay). I am looking forward to catching big one next time (had made a plan of next fishing already). If you are familiar with fishing, please kindly advice me!

On June 17, I jointed the event of cooking contest as judge at Coca restaurant in Bangkok. There are 2 chefs from Japan (Mango tree) and 4 chefs from Thailand (Coca and Mango Tree), and had cooked Gapao. It was not just a regular Gapao, but also there are lots of originality and interesting way of cooking. In fact, there are lots of varieties in Gapao in different region. At the contest, I saw different kinds of Gapao (from basic one to modernized one), and had enjoyed seeing new concepts. In my opinion, it is important to keep the traditional style of Gapao like as street foods, however I learned many new interesting point of Gapao.
Unfortunately, my chefs (Japanese) could not get into first place. It was very good opportunity for them to learn the real Thai foods in Bangkok.

In this coming September, it will be another cooking contest for rice noodle (though still planning). Not only Thai and Japanese chefs, but there are going to be other chefs from all over the world such as Philippine, Malaysia, and etc…. I will update about it once I find more information.

The summer has come, please take care of yourself!


Kojima