2016年7月12日火曜日

ガパオコンテストと最近の楽しみ

皆様、いかがお過ごしですか?
4月に決算が終わり、思いの外、成績が良かったので一安心しています。お客様や会社のスタッフに対して感謝の気持ちでいっぱいです。会社がすごくいい形で追い風に乗り、良い方向に進んでいる今はチャンスが沢山あり大変ありがたいですが、それと同時に今までにないくらい多忙で、あっという間に時間が過ぎていってしまいます。過密スケジュールをこなしているとストレスを感じることも時折あるので、余裕がなくなり良いものができないのではないのか、と思う今日この頃です。

さて、先日617日にタイのコカ・マンゴツリーグループと組み、クッキングコンテスト(今回のお題はガパオライス)を開催し、副審査員長として参加してきました。このコンテストは第2回目の取り組みで、今回は僕の会社(日本側)から2名のシェフとタイ本国のシェフ4名の計6名で競い合いました。タイ本選の前に第3者の審査員を含めた国内予選を行い、日本人シェフたちが競い合い、本選に出場する優勝者・準優勝者を選出しました

ガパオはタイの中でも地方によって味が異なりますが、今回のコンテストではベーシックなものから次世代のモダンなものまで幅広い種類のガパオが調理されていました。方向性も様々で楽しめましたが、まだまだいろいろな発見がでてくるのではないかと今後の可能性も感じました。個人的には、屋台で食べるベーシックなガパオを残すべきだとも思いますが、何回か開催してうちに進化していくガパオを見るのも勉強になりとても興味深い経験ができました。

マンゴツリー スリウォン(タイ・マンゴツリー本店)のシェフが優勝し僕らのシェフにとっては残念な結果になりましたが、参加することに意味がある!といえるような、日本人シェフにとって貴重な体験になったのではないでしょうか。8月には今回のコンテストで優勝したガパオを1ヶ月間、日本でも販売しますので、ぜひお試しください。今年の9月にはクィッティオ(米麺)のクッキングコンテストが予定されており、日本からだけだはなく、フィリピン、マレーシアからもシェフが集まる予定です。その際もの本で予選会を開催する予定ですので、一審査員をやりたい方・興味がある方はホームページをご覧ください。

そんな忙しい合間をぬって、先週会社のスタッフと夜釣りに行ってきました。場所は東京湾、ターゲットはスズキ(鱸)。今年2度目の出航でした。運が悪いのか、風が強いのか、潮のせいなのか、僕を含む4人の誰もが釣れず悲しい結果に終わりました。ただ、日の入りより前に海に出て、船の上から夕陽を眺めた後、夜になるにつれて東京の夜景を楽しむことができ、とても優雅なひと時でした。1匹でも釣れれば最高の結果でしたが、今回は釣り竿が悪かったということにし、次回の楽しみにとっておきましょう。東京湾の釣りに詳しい方、是非アドバイスのご一報お待ちしています!

小島

ガパオコンテストにて/at the cooking contest

優勝作品/Winner's Gapao

いざ、出航!/Ready to catch fishes!

釣りをしながら癒されました/such a beautiful view from Tokyo bay



Cooking Contest in BKK and Fishing at Tokyo Bay

How are you doing? Hopefully everyone is doing well. From middle of June, Japan is in a rainy season, and the weather is not so good in these days, though the temperature is getting higher little by little. Good news that I would like to share is our business is doing very well, and I really appreciate the employees and customers for being part of our company. If the business is great, of course I become very busy and not enough time to take some rest. I believe that if someone feels lots of stress, the person cannot make a good thing. Therefore, I try to have a relaxed moment even though I am extremely busy.

In last week, I went to fishing with my staffs and had enjoyed refreshing and relaxing time. We tried to catch Japanese sea bass, but sadly no one caught it. Though it was not happy for getting nothing, I really enjoyed the night view of Tokyo (seen from Tokyo bay). I am looking forward to catching big one next time (had made a plan of next fishing already). If you are familiar with fishing, please kindly advice me!

On June 17, I jointed the event of cooking contest as judge at Coca restaurant in Bangkok. There are 2 chefs from Japan (Mango tree) and 4 chefs from Thailand (Coca and Mango Tree), and had cooked Gapao. It was not just a regular Gapao, but also there are lots of originality and interesting way of cooking. In fact, there are lots of varieties in Gapao in different region. At the contest, I saw different kinds of Gapao (from basic one to modernized one), and had enjoyed seeing new concepts. In my opinion, it is important to keep the traditional style of Gapao like as street foods, however I learned many new interesting point of Gapao.
Unfortunately, my chefs (Japanese) could not get into first place. It was very good opportunity for them to learn the real Thai foods in Bangkok.

In this coming September, it will be another cooking contest for rice noodle (though still planning). Not only Thai and Japanese chefs, but there are going to be other chefs from all over the world such as Philippine, Malaysia, and etc…. I will update about it once I find more information.

The summer has come, please take care of yourself!


Kojima

2016年6月2日木曜日

来客へのおもてなしと海外での新たな発見

お久しぶりです!前回の記事より少し時間が空いてしまいました。東京に居る時間が少なく、国内外の出張が多くめまぐるしい毎日を送っております。その中での出来事をいくつかお話します。

5月の上旬にはハワイ マウイ島の郡事であるアラン アラカワさんと夕食を共にしました。日系3世ではあるものの、日本語を話されないので少し不思議な感覚はありましたが、マウイでも日本食をよく食べられるようで心で通じ合う場面がありました。弊社店舗の1つである、ダンシングクラブのコンセプトや食事を楽しんでいただけたようで一安心です。

5月の中旬にはTAT(タイ国政府観光庁)のユタサック総裁と弊社TORO TOKYOにてタコスを食べながら打ち合わせのお時間をいただき、ラテンアメリカ料理を気に入って頂きました。打ち合わせでは、先日僕が任命されたタイ観光大使としての仕事の話をメインに、日本からタイ王国への観光客の増やすアイデアをお話ししました。第1回目のテストツアーとして8月〜9月を目安に本格化しそうです。内容に関してはタイの田舎を体験する料理教室を通し食文化を学ぶ実際に民家に宿泊する、といった新たなタイの観光スタイルを定着させるよう日々計画を進めています。日程はまだ未定ですが、皆さんにも興味を持っていただき、ご参加いただければ幸いです。

514日からはシンガポールとタイへ出張してきました。シンガポールでは、僕のパートナーであるハン氏に「絶対に食べるべき!」と紹介され、カトンラクサ(シンガポールの代表的な麺料理)で有名な「328 Katong Laksa」というお店に行ってきました。今まで何度もラクサを食べた事がありますが、今回はシンガポールのパートナーからのおススメでしたのでとても気持ちが高まり、お店まで市街地オーチャードから地下鉄で5駅ほど、徒歩で20分気温30の暑さの中を移動し、ようやく到着しました。お店は少し小さな可愛らしい路面店でラッキーなことに冷房が効いていました。

こちらのお店ではラクサは大小の2サイズあり、小をオーダー。そうめんのような少し細めの麺に白と赤のココナッツのスープ。レンゲが1つ添えられており箸はないのか尋ねると、このままレンゲで食べるスタイルです、との回答。レンゲで麺をすくおうとするとそこに答えが。麺は一つ一つが短くなっておりはじめは濃厚だけど後味はあっさり、後を引く旨味が残っている。麺にスープがよく絡み食べた瞬間「これは美味しい!」の一言が自然と出ました。程良いスパイシー加減と干しエビの香りもとてもよく、最後の一滴まで味わいました。ローカルの間でもシンガポールでNo.1と言われるほどのお店です。汗をかきながらたどり着いたお店の料理は想像以上の美味しさでとても感動しました。こうやってお店まで足を運び世界中の美味しい食べ物に出会うと楽しみも増えます。

皆さんも是非、シンガポールに立ち寄る際は訪れてみてください。
店名:328 Katong Laksa
住所: 216 East Coast Road, Singapore
電話番号: +65 9732 8163

最後に、そろそろブログ内容を変更しようと思っています。海外や国内の僕のオススメするお店の紹介や、どのようにして成功するレストランを作るのかお伝えできればと考えています。
今後のブログの変化に乞うご期待ください!

(アラカワ郡長と奥様と僕/Mayor Arakawa, Ms.Arakawa and Me)

(シンガポールの地下鉄駅にて/Before taking a subway)

(328 Katong Laksaやっと着きました!/Finally arrived here!)

(小サイズ ラクサ/Very Tasty!)



Greeting Our Customers and delicious meal in Singapore

How are you? Hope you are well.
Since I have been traveling many places in Japan and around the world, I was very busy in past few weeks.
Beginning of May, I had wonderful dinner with Mr. Alan Arakawa, Mayor of Maui County (Hawaii). He came to one of my restaurants “Dancing Crab Tokyo”, and had very nice time together. Since Mayor Arakawa is a third-generation American of Japanese descent, we shared some story about Japanese foods. I was glad to see that Mayor was enjoying my entertained circumstances (Dancing performance, loud music, and foods eaten by hands).

In the middle of May, Mr. Yuthasak Supasorn, who is a Governor of Tourism Authority of Thailand, came to Japan and I had a chance to talk about my plans as Tourism Ambassador of Thailand at one of my restaurants, TORO Tokyo (Latin American cuisine.) We basically talked about my new idea of increasing tourists from Japan to Thailand such as visiting rural area’s farm, learn how to cook, and spend night at local people’s house. We are about to start the test tour from September. Hopefully many customers will pay attention to my future plan.

From May 14, I was in Singapore for my business trip. As one of my business partner and also my friend, Mr. Han Jin Juan, the owner of Palm Beach Seafood Restaurant, recommended me to try “328 Katong Laksa”; very popular and always busy Laksa store in Singapore. Laksa is the soup noodle widely eaten in Singapore and Malaysia. Although, I had tried many different kinds of Laksa, this store is recommended by my Singaporean partner, so I was very excoited to try it. I took a subway and walked 20 minutes under very hot weather. When I arrived at the store, I was very happy to have cool air from the air-conditioning machine.

At the restaurant, there are 2 sizes of Laksa; Big and Small. I ordered small one and tried to have chopsticks because there were only spoon. But the staff said “Please eat it with spoon. When I scoop the noodle with soup, I found out that noodle was as shot as you can scoop with spoon. My first impression of taste was “Super delicious!” The soup was very rich, tasty and spicy as I imagined. Although the soup looks a little thick, it won’t be heavy taste at all. I could smell the shrimp and coconuts, and enjoyed eating meals with aroma.
This 328 Katong Laksa is recognized as No.1 Laksa store among locals and tourists. If you have opportunity to go to Singapore, please try this place.

Name of store: 328 Katong Laksa, Address: 216 East Coast Road, Singapore
Phone number: +65 9732 8163


Lastly, I have been thinking to change my blog format. I would like to share readers my favorite places to eat all over the world and how to make successful restaurants from my experiences. Please look forward to see the change!

2016年4月5日火曜日

春がきました!

最近は少しずつ暖かくなり、桜の開花や春を感じる季節になりました。海外も含め、世の中でテロや様々な悲しいニュースが多々起きている状況の中、混沌とていて時代の変化を捉えるのは難しい事なのだと日々感じています。僕が手がけているさまざまなジャンルの料理(タイ料理、ラテン料理、手掴みスタイルのシーフードなど)もお客様は常に安定した味やサービスを当たり前のように求めており、その先の新たな刺激が必要なのかと思います。「僕らはどこに行くべきなのか」、このような機会に見つめ直すのも大切なのかと考えさせられます。

そんな中、こんな時代だからこそ、絶対的に大切にしたい事は「ちょっとした、ホッとする、素敵な時間」をお客様に提供することだと思います。いつものスペースがそこにあれば、目まぐるしい日々の生活にも安心できる場を見つけられるではないでしょうか。この様な気分転換ができる空間を作れるよう心掛けていきたいです。

また、昨年度までは世界から日本に新たなお店を出す形が多い年でしたが、今年度からは1度日本を見つめ直してみようと思います。アジアに行けば行くほど、Made in Japan の商品や日本のファンに出会う事が増えてきたと日々感じています。せっかく日本人として生まれた根本があるので、どの様な事をして上手く仕事に繋げていけるかを考えながら、世界のお客様が何を必要としているのかを追求しなければならないと思います。

もう既に浸透している「おもてなしの心」を持つという点はもちろんですが、 日本が保ち続けている「美的高品質」を備えた商品やサービスが大切になるのではないかと感じています。伝統や文化は他国に比べて繊細で難しい部分もあると思いますが、侘び寂びという言葉が世界に浸透しつつあるように、海外からも日本の深い部分までの魅力が伝わり始めていると最近とても感じます。このような観点を含めて、次の視野として日本から世界に何かを広めていくことを目標に今年度も駆け抜けていきたいです。海外からのお客様が益々増える中、皆様も是非一度、日本の本質とは何かを見つめ直すのも良いかもしれません。それではまた!


東京の桜は満開です!



Spring has come!

How have you been? Hope everyone is doing well.
Lately, the season of cherry blossom has started, and temperature has been increasing little by little. There are lots tragedies going on, and I see many changes around the world. As same as this social change, our customer’s preference changes day by day, so I always need to provide them something new and interesting. Although I sometimes wonder the best way to provide our meals and services, I am sure that people wish to have some spaces of “having fabulous moment” in their daily lives. I would like to make such circumstances for them and bring small happiness to their days.

As I opened lots of restaurants in past 30 years, the number of restaurants I brought from overseas into Japan was bigger than the number of restaurants I brought from Japan to overseas.

This year, I would like to think more about deeper side of Japan. One thing I am sure is that the number of foreign customers has been increasing rapidly, and I saw many fans of “Made in Japan”. I had many opportunities to meet those fans while traveling around Asian countries. Now it is time to think about what those customers wants as “JAPAN BRANDS”. Since I was born as Japanese, I would love to expand Japanese “high and beautiful quality” to those customers and in to the world. Although  Japanese culture and traditions are sometimes hard to be understood by foreigners,  it is getting easier and familiar. I would like to show and give our “high and beautiful quality” of Japan by serving delicious meals and great services. This will be not a short-term view, but as a long-term view, I hope it will bring some new air to my company and be success for the future.

2016年3月2日水曜日

バンコクにSlappy Cakes オープンしました

お久しぶりです。先月は3週間ほど海外におり、バンコク・シンガポール・マレーシア・中国・台湾とさまざまな国を訪問しました。1番のメインイベントはタイパートナーと共同でバンコクに直営店としてSlappy Cakes Sukhumvit 39220日にグランドオープンした事です。2年の間にアジアに約10店舗ほどSlappy Cakesを出していますが、タイでは待望の1店舗目です。場所もバンコクの中心地にあるEmproiumEmquartierといった商業施設やBTS Promphong駅の近くですのでアクセスも良いです。

Slappy Cakes Sukhumvit 39 (タイ バンコク スクンビット 39)
1/10-11, Soi Sukhumvit 39, Sukhumvit Rd, Klongton-Nua, Wattana, Bangkok, 10110, Thailand. TEL:+66-2-662-4887  Business Hour: 7:30am~11:00pm

新しい店舗を出すたびに、アジアのマーケットの勉強になります。タイでは、貨幣価値が低いので、日本に比べて実際の売上金額はどうしても低めになります。しかし、そのようなお金の動きより僕にとって1番のメリットとなっているのが、現地のパートナーと組むことにより、アジアの国々にコネクションやネットワークを広げられる事です。次にお店を出したいと思う場所に信頼できるパートナーが居る、その環境こそがお金で買えないかけがえのないものだと感じます。このような“フレンドシップ フランチャイズ”と僕が呼んでいる良い循環を、常にパートナーと築き、今後海外に自分がやりたい日本食などの新たな分野の事業展開をよりスムーズにできるようにと常に心がけ、大切にしていきたいです。

今後は北米なども視野に入れ事業を広げていきたい気持ちがあるので、まず海外の直営店オープンとして大きな自信につなげることができました。
 バンコクにお越しの際は、是非お立ち寄りください。







Have Fun to Make Your Own Pancakes at Slappy Cakes in Bangkok

Hi everyone. How are you? Hope you are all doing well.
I have been very busy lately as well as last year. I had been out of Japan almost whole month of last February. I had been traveling around Asian countries such as Thailand, Singapore, Malaysia, China, and Taiwan.

The big event of this business trip was opening of my new outlet “Slappy Cakes Sukhumvit 39” in Bangkok (Officially opened on Feb 20, 2016). We serve customers delicious pancakes and other American style breakfast. You can have fun making your own pancakes at your table. This is actually my first directly-managed Slappy Cakes with my business partner in Thailand, and I was very happy to have it in one of my favorite countries.

Slappy Cakes Sukhumvit 39
1/10-11, Soi Sukhumvit 39, Sukhumvit Rd, Klongton-Nua, Wattana, Bangkok, 10110, Thailand. TEL:+66-2-662-4887  Business Hour: 7:30am~11:00pm

During this past 2 years, I have opened almost 10 Slappy Cakes stores in Asian countries. Every time I do my business in Asian countries, I learn the market and business strategy in each country. By comparing Thailand with Japan, the monetary value is totally different, so the actual sales could be lower than what we earn in Japan. However, what I mostly learn from opening new store overseas is to make new, strong, reliable connections and networks with business partners.
I call this strategy “Friendship Franchise” and this is one of my beliefs to have good relationships with partners, so I can open new outlets overseas easily but safely.
I really appreciate this relationship. This is something that you can never get by money.
Since I would like to expand my business in North America for my next step, I think it was a great opportunity to learn from opening outlet in Thailand.

Next time you will be in Bangkok, please stop by and enjoy your meal at Slappy Cakes!


Yoshio Kojima

2016年1月5日火曜日

あけましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
2016年はこのような目標を作りました。

まず、昨年末にタイの観光大使に任命されるというビッグニュースがありました。長年に渡り、タイ王国に関わりのある僕を任命してくださいました昔からの友人でもあるTAT(タイ国政府観光庁)総裁であるユタサック氏をはじめ、僕に携わってくれている全ての人に感謝したいと思います。

タイ王国から日本への観光客は増えている一方で、現状として日本からタイ王国への観光客が少しずつ減っています。このような一方通行では良くないと思いますし、象に乗る・寺院を周るといった従来の観光スタイルだけでは観光客を増やすことが難しいと考えています。

そこで今回はもっと深く現地の生活や文化を楽しめるような観光を提案したいというユタサック氏に共感し、タイ王国の”スポーツと食中心の生活文化”をもっと日本人観光客に広めたいというTATの意向を含め友人であるPGA(日本プロゴルフ協会)前会長の森静雄氏と共に、彼がスポーツの分野、僕が食文化を広めていく大使を拝命しました。

年末に任命されたばかりで、今から具体的に話を進めていく段階ではありますが、僕としては、20年以上タイ料理に携わっている中で常に疑問に思っていた、表面的な料理だけではなく、タイ食文化の奥深い部分をさらに追及していきたいと考えています。

例えば、タイ王国には大きくわけて5つ地方料理がありますが、文化圏によってさまざまな料理があります(日本でいう京都の料理と東京の料理が違うようなイメージ)。このような違いをきちんと分析・研究し、明確な“テーマ”を持ち、実際にタイ王国へ観光に行かれる方、僕のお店にいらしてくださるお客様の為になるようにつなげていければ幸いです。より具体的に言えば、5つの地域に食材から椅子やテーブルまでそろうような環境を整え、どのような具材や調理法(それぞれの地域独自のものを用い)を直接見てもらい、タイの地方の家庭料理=お母さんの味を楽しめるような料理教室のような取り組みからスタートしたいです。

口で言うことは簡単ですが、実際に実現し継続するにはそれなりの努力が必要なことは重々承知しています。しかし、これを良いきっかけにし、続けていこうと覚悟を決めることができました。
またの機会により詳しいお話ができればと思います。

今後ともよろしくお願いします!

式典にてユタサック氏と共に





A Happy New Year!
I hope all of you had a wonderful holiday.
I would like to announce my goal for 2016.

First of all, the end of last year, I got awarded by TAT (Tourism Authority of Thailand)for "Honorary Thai Food Advocate". I was trying to wider the foods and cultures of Thailand in Japan for many years, and finally got this award by one of my friends, Mr Yuthasak Supasorn (a governor of TAT). I would like to thank to all of people who support me.

As I agree to TAT and Mr Yuthasak's proposal of how to atract more of Japanese tourists to Thailand, I would like to help them by giving my idea as“Honorary Thai Food advocate” with my friend, Mr Mori (who is former president of the Professional Golfers' Association of Japan, and awarded to be“Honorary Advocate”for golf.

In reality, there are lots of Thai tourists to Japan. On the other hand, the number of Japanese tourists to Thailand has been decreasing little by little. I think it is very important to fix this “one way problem”by renewing the way of sightseeing in Thailand (not like previous way of riding the elephant or visiting temples).

I was just selected a month ago, so I do not have a specific vision of my goal yet. What I can really say at this point is that I would like to search deeper side of Thai foods more and more.
For my brief idea, I want to bring more Japanese people in rural area of Thailand, and prepare the places where visitors can actually see the foods,cook, and eat as traditional foods in different regions in Thailand (I believe there are 5 of them). I think it would be a good way for visitors to learn and enjoy the foods and culture at the same time.

I will also continue to learn Thai foods and put my effort to make it happen. Next time, I will announce more of details about this topic.

Once again, thank you so much for all of your support!

2015年11月17日火曜日

マレーシア "Slappy Cakes" オープンしました

シンガポール、フィリピンについで3店舗目のSlappy Cakesがマレーシア クアラルンプールに9月9日にオープンしました。2週間たち、オーナーのアダム氏と共に新店を見に行ってきました。

今回、今までのSlappy Cakesと大きく違う点はマレーシアの国民の約80%がイスラム教徒だということです。そこで、Slappy Cakesでも、完全なムスリム対応のメニューではありませんが、豚肉を使わないメニュー構成にしています。そのため、ダックのベーコン、チキン、ビーフで代用をしていますが、ポークのベーコンの美味しさは他にものではなかなか表現しづらく、難しさを感じました。
しかし、郷に入れば郷に従えと言うように、このような状況の中でどのようにビジネスをするか考えさせられ、とても勉強になりました。

今後はインドネシア、ブルネイ、中近東、中国といった国々で、今回のように豚肉を使わないメニューのSlappy Cakesを展開していきたいと思っていますので、いらっしゃる際はぜひ味わってみて下さい。

Slappy Cakes Publika
住所:A3-G2-3A, Solaris, Dutamas (Publika), No1, Jalan Dutamas 1, 50480, Kuala Lumpur, Malaysia
TEL: +603-6211-9949
http://www.slappycakes.com/locations/kuala-lumpur/
http://www.slappycakes.jp/shop/

(マレーシアのSlappy Cakesにて)

話は変わりますが、先月にSlappy Cakesの旗艦店、ハワイ・マウイ島のSlappy Cakesがスポンサーを務めるマウイマラソンの10キロを完走してきました。常日頃、自分が思っている、美味しいものを好きなだけ食べ、スポーツをして消費し、また美味しいものを食べる、良き循環を続けてきました。
来年もSlappy Cakesがスポンサーにつく予定です。僕自身、来年はフルマラソンに参加しようと(今は)思っています。比較的平たんで、海の横を走るとても景色の綺麗なコースですし、フルマラソンの完走制限時間が8時間と設定がゆったりしています。マラソンに挑戦したという方は、是非来年僕と一緒に参加してみるのはいかがでしょうか。


最近は月の半分は海外出張に行く日々が続いており、今までにないくらい忙しくさせてもらっています。マレーシアの後は、パリ・ロンドンとヨーロッパ出張にも行ってきましたが、この話はまた次回。景気の影響もありますが、なによりもうちのお店が世界にどんどん進出しているからだと嬉しく思います。ラッキーなことに美味しいものをたくさん食べられる仕事をしていますが、健康面にも気を使い運動も欠かさず行いたいと思います。何かアドバイスがあれば、是非お教え願いたい!


New Opening for "Slappy Cakes" in Malaysia

A month ago, Adam (the owner of the Slappy Cakes) and I went to Malaysia to visit our brandnew "Slappy Cales" in Malaysia. It opened in last September but I did not have time to visit because of my busy schedule.

In Malaysia about 80% of the population were Islam and people did not eat pork (it is hard to explain in details). I heard that we do not serve pork, we have a lavel of "NO PORK" at the restaurant.Instead of using pork, we use duck bacon, chicken,and beef.The taste of duck bacon is little different from the pork bacon.I have learned that sometimes it is quite hard to find substitute.As the proverb says, conform to the custom of the place, I think it's necessary to follow the rules and think about what I can do to be success in this circumstances.My next step is to open "NO PORK" Slappy Cakes in Indonesia, Brunei, the Middle and Near East, and China.
If you across one of those restaurants, please try the "NO PORK" Slappy Cakes.

Slappy Cakes Publika
住所:A3-G2-3A, Solaris, Dutamas (Publika), No1, Jalan Dutamas 1, 50480, Kuala Lumpur, Malaysia
TEL: +603-6211-9949
http://www.slappycakes.com/locations/kuala-lumpur/
http://www.slappycakes.jp/shop/

BTW, I went to Maui, Hawaii in last September and run the whole distance for Maui marathon (10Km) which was sponsored by Slappy Cakes. In my dairy life, it is important to have a cycle of eat good foods, do the exercise for the health,and eat good foods again. I could have this cycle while I was in Maui. Slappy Cakes wii be sponsor next year as well, and I may want to try full marathon.The course of Maui Marathon is very flat, and you can run right next to the ocean which is very beautiful. Also the limitation for full marathon is 8 hours which is much longer than regular marathons. If you are interested in running, please join me next year!

Recently, I have been very busy and spend time in the other country almost half of a month.
After visiting Malaysia, I was also in Paris, London, and Bangkok. It is because of good influence from prospering of the business, but it is also because my restaurants has become more worldwide. I feel very lucky to eat delicious and various types of foods in my job, however I keep thinking about my health condition and try to exercise.
If you have any advice for me, please tell me about your way of eat well and live well.

2015年8月19日水曜日

ダンシングクラブ大阪、オープンしました

長い間お休みでごめんなさい。 昨年の10月に東京でダンシングクラブ、 12月に銀座でTORO TOKYO、2月にはワシントンD.C.のマンゴツリー、 そして今回、大阪にダンシングクラブと、大型店の出店が続いたので 非常に忙しい半年でした。 運よく、各店とも良いスタートを切ることができ、お客様にはご迷惑をおかけするほど混雑しています。 申し訳ないと思いつつも、ちょっと安心しています。 

大阪のダンシングクラブは8月6日にオープンしたのですが、実はマンゴツリー大阪を改装した店舗です。 大阪にはマンゴツリーカフェもあり、そちらの売り上げとても良いのですが、 ハイエンドの業態は実はあまりうまくいっていませんでした。 東京でダンシングクラブが大成功し、大阪のビルのオーナーの協力もあり、今回業態変更をしました。 今までのレストラン人生の中で、人がうまくいかなくて手放したお店をやり直すことはあっても、 あまり自分の店を変えることはなかったので、成功と失敗を一遍に味わったようで、複雑な心境です。 お客様と従業員に対して責任を持っているので、なんとか良い再出発をすることができ、安心しています。 

今後は、横浜、大宮のオープンが控えていて、さらに海外店舗も予定していますので 次回また詳しくお話しますね。 大阪にお越しの際はぜひお立ち寄りください。 

ダンシングクラブ 大阪 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館 8F 8F Grand Front Osaka South, 4-20 Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300011
TEL:06-6485-7325  http://dancingcrab.jp/


ダンシングクラブ 大阪 外観

シンガポールのパートナーと
(左から シンガポール ダンシングクラブオーナー アンドリューさん、ノーマンさん、ダンシングクラブ ブランド大使 アンジェラさん、小島、シェフ デイヴィッドさん、シェフ ジェームズさん)


“New Opening Restaurant DANCING CRAB Osaka”

It has been a while since I updated my latest post. I’ve been so busy in this half a year. First of all, we recentry opened 4 of new restaurants in last 10 months. In last October, DANCING CRAB had come to Shinjuku, Tokyo from Singapore. In last December, TORO TOKYO had opened in Ginza, Tokyo. As a first new opened restaurant of this year, we had a mango tree Washington D.C. in last March, and the newest one was DANCIING CRAB Osaka as a second outlet in Japan on August 6, 2015. I have been so busy with opening such big restaurants, but gladly the business in those restaurants is going very well. The DANCING CRAB in Tokyo is always busy. I must apologize for inconvenience of disconnection of the phones as so many customers call to make reservation. At the same time, I could get satisfied from such a busy situation. There is a mango tree café in Osaka, and the restaurant has been working very well. However, to be honest, DANCING CRAB had opened in the place where mango tree Osaka was located. Compared to mango tree café, the business of mango tree was not so good. I had learned that the market for high-end restaurant was not big there. It couldn’t be done without any warm understanding of our crew and building managers. In my life as a restaurant maker, I had done to change the restaurant from some others to my own, but it was my first time to change my own brand and the concept from my original one. It was rarely my new experience to feel success and failure at the same time. However, in the reality, it is always better to have popular and busy store. Once the store gets very busy and works well, customers and our crews get satisfaction. Then the crew will be motivated, and will be able to give the best service. This is one of the best rotate of how people get satisfied from food and drink industry. From its point of view, my decision was necessary to have, so I do not regret it. Well, we are expecting to have new store in Yokohama and Omiya, Japan, in the end of this month, and other brand in Southeast Asia in the beginning of next month. I hope our new business is going to be well, and would like to wiser our business more internationally. I will talk about more of details in next post. If you have an opportunity to come to Osaka, please stop by DANCING CRAB.